So-net無料ブログ作成
検索選択

風にゆれるコクリコ [お出かけ]

娘たちは今日から新学期が始まりました

木曜日の夜に日本から英国経由で帰国して以来、毎日近所のお友達がとっかえひっかえうちに遊びに来ていて大騒ぎして盛り上がっていました


ある晴れた日曜日にバイクドライブに出かけました



a1.JPG



a5.JPG



a6.JPG



風にそよぐコクリコ

紙よりも薄い、儚げな花びらは赤


a2.JPG



こうしてお日様の中に守られて野に咲いているのが美しいのですが、もし摘んでしまうとすぐにこの薄い花びらがしぼんでしまうそうです



夏によく見かける美しいコクリコ



a3.JPG



実はコクリコとはフランス語で、英語ではポピー、日本ではひなげしと言うそうです

しかし、日本で見るポピーとは少し違うような気がします



a4.JPG



青い湖が短い夏の美しさをあらわしている様



a7.JPG



そして遠方にはモンブランの山が白い雪をかぶって幻想的な姿を見せていました



a8.JPG



一日一回のクリックが反映されます

クリックの応援をどうぞよろしくお願いします♡(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)




nice!(17)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 17

コメント 14

Bonheur

ああ、素晴らしいですね~!素晴らしいお天気で素晴らしい景色。
見惚れます。ブラボー\(^o^)/
どちらの方にお出かけだったのですか?
あと、まぐろさんのお子さんたちは普段はフランス語で話されると思うのですが、他にドイツ語・英語・イタリア語がお出来になったりするのでしょうか。
by Bonheur (2010-08-30 20:02) 

まぐろ

■Bonheurさん
この日は子供たちが26日に帰ってくる前の日曜日だったのできっとBonheurさんがスイスにいらしていたころの日曜日ですね。
アヌシーの裏から、シャモニーにスキー場などを抜けるコースでした。
娘たちですが、日本語、仏語は同じレベルぐらい話します。
両方とも母国語です。
英語は以前は少し話したのですが、私があまり教えなくなって後退してしまい、簡単な会話は聞いてわかるけど仏語が先に出ちゃうそうです。
ドイツ語は英語より出来ませんが、学校で必修なのとドイツ語圏の友達の家に出かけたりして標準ドイツ語を聞く機会もあるので少しはわかるようです。でも役にたたない程度にしかわからないと思います。

イタリア語の知識はゼロ。
次女は親友がウクライナ人なのでイタリア語よりロシア語の返事や挨拶の方がわかるそうです。

長女は理系に進んだのですが、次女はラテン語を中学校に入る来年からやりたいそうで、好きだったら他の語学が上達するかもしれませんね。

私は語学をやったのが大人になってからなのでうらやましいです。仏語なんて40ちかくになってからやり始めましたよ・・・

しかし私の親戚でブログ仲間のmakiちゃんのおじい様なんて、たしか70か80歳でギリシャ語を始めて目が見えなくなってもラジオなどを利用されていたと言うから、人間なんどきでもそれに対する適齢期なんだと思いました。
いいわけしている人生はつまらんから仏語がんばりまする。
by まぐろ (2010-08-30 21:53) 

Bonheur

レスありがとうございます。
22日ですか。めちゃめちゃ暑い日ではありませんでしたか?私はヴァリス地方から移動してNeuchatelにいました。折角行ったのに、暑くて暑くてホテルの部屋でアイス食べながら過ごしてました。
お写真の景色がとても美しいです。
お子様たち、凄いですね。日・仏が同じくらいにわかるのって、どんな感覚なのでしょうね。
お若いから、どの言語も、いくらでも吸収できるのでしょうね。

>>いいわけしている人生はつまらんから
これは良い表現ですね。私も言い訳しないで語学がんばりまする。
by Bonheur (2010-08-30 22:22) 

めぎ

こちらも学校が始まりました。
このお花、ドイツ語だとモーンです。赤い色が鮮やかですね。
by めぎ (2010-08-31 02:43) 

どらっち

日本語もフランス語も母国語なんていいですね♪
うちは、どの言語も母国語として使えそうにないレベルです。
お嬢さん達、すごい♪すばらしい♪
うちの子供達に、お嬢さん達の爪のあかでも煎じて飲ませたい。

アヌシーシャモニージュネーブのコース。すごくきれいですね♪
アヌシーに久しぶりに行ってみたくなりました(^^)

by どらっち (2010-08-31 03:15) 

まぐろ

■めぎさま
ドイツ語でもやはり違う呼び名なのですね~。
本当に赤が鮮やかに太陽に反射して、しかしはかなげな花なので好きなお花の一つです。
新学期、新学年なので毎年恒例の教科書のラッピングをしていて大騒ぎでした。
by まぐろ (2010-08-31 06:40) 

まぐろ

■どらっちさん
いえいえ、どれも中途半端なのですが、次女は日本語の本はあまり読まないでフランス語の本ばかりなので日本復帰は不可能と思われます。
幼稚園の時にこちらに来てからもうすぐ12才の来年中学生ですが、日本語で高速度道路の事を「高速通り(こうそくどおり)」と自信もって言ったり、何だか聞いた事がない日本語を見事に(?)操るので日本で笑われているようです。

間違えても笑われてもしゃべるのは子供の特権でしょうか。
私も間違えを恐れずにいきたいのですが、なかなかそうも行かずトホホ・・・です。

by まぐろ (2010-08-31 07:25) 

maki

なんて美しい風景なんでしょ。
澄んだ空気がパソコンの画面を通って伝わってきそうな勢いです^m^

そうね、祖父は勉強家でしたからね~
キリスト教信者っていうのが強力な根っこにあって、ラテン語で聖書を読みたいというのが目標だったみたい。
確か50代でドイツ語、60代でフランス語、70代からラテン語だったかな、、
好奇心を失わないという意味では凄かったですね~@@

それにしても仏語と日本語が母国語なんてカッコイイぞ~~~
by maki (2010-08-31 10:48) 

まぐろ

■Bonheurさん
そうそう、暑い日でした~。
ところで、私はまだNeuchatelに行った事がないんです。
今度行ってみたいです。
by まぐろ (2010-08-31 17:03) 

まぐろ

■makiちゃん
秋が近付くと太陽光線の加減でますます写真が自動的にうまく撮れるスイスですな。
makiちゃんのおじい様はいつも私の母が尊敬していました。
本当に好きというのと好奇心、探究心旺盛な方でした。
私みたいに「じつはイヤイヤ、フランス語」をやっているのとは違うのが大きな違い。
せっかく覚えやすい環境にいるのだからそれを最大限に生かさないといけないと思いました。今は同僚が全部外人だしね。

>>仏語と日本語が母国語ってちょいっと微妙なのですが、まぁそうですね。下の子は日本語の敬語を知らないしへんな組み合わせしゃべりますがそのうちに覚えてくれることを期待します。ちなみに漢字も書けませんね。
by まぐろ (2010-08-31 17:10) 

Apfel

コクリコって、ポピーの事だったのですね!
夏らしいイメージの、とてもかわいい花ですよねー。
周りに咲いている色とりどりのお花も綺麗 ♪
お花畑にしろ、湖畔の雰囲気にしろ、
やはりドイツ語圏とは、どこかイメージが違いますねー!
モンブラン、美しいです。
by Apfel (2010-09-02 06:33) 

collet

写真を見てポピーやん!と思ってたら、
コクリコとはフランス語だったんですね~
ちなみに、ポピーってそれぞれに動きがあるでしょ?
そこが好きで束で買ってガラスの花瓶に挿してます~~(^^♪

by collet (2010-09-03 15:55) 

まぐろ

■Apfelさん
お返事が遅くなってごめんなさい。
スイスってどこもお花が素敵ですよね。
Apfelさんのおっしゃる通りフランス語圏はやっぱりフランス語圏の雰囲気があるような気がします。
それは平地が多いからかよくわからないのですが、ドイツ語圏の景色は本当にスイスらしくて好きです。
by まぐろ (2010-09-04 06:43) 

まぐろ

■colletさん
たしかに!言われてみればポピーはそれぞれ動きがありますねー。
花びらが薄くてはかなげな感じがするのですが。
コクリコはこの赤色がメインだけどポピーは色んな色がありますね。
by まぐろ (2010-09-04 06:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。