So-net無料ブログ作成

絵本童話ウルスリの鈴の舞台グアルダ [旅行]

更新もコメントのお返しも大幅に遅れていますが、必ずお返事しますのでお待ちくださいね(^O^)/
長女も日本から先日帰ってきました


a1.jpg



今回はアイロス・カリジェの絵本の舞台になった村、グアルダに行ってきました



エンガディン地方に位置するこの場所ではスイスの第四番目の言語であるロマンシュ語が使われる地域でもあります



a2.jpg



カリジェの描いた「ウルスリの鈴」はこんなに素敵な村が舞台でした



a3.jpg




a1.jpg



この地方では建物のほとんどがスグラフットという、壁の表面を金属でひっかくようにして塗り込めた下地を見せて模様を描く伝統的な装飾画で飾られています




a4.jpg




a5.jpg



村には陶芸や木工用品、民芸品や自家製のジャムやケーキを売るお店があり、お土産でいくつか買うことが出来ました



a6.jpg



a7.jpg



a8.jpg



標高は1653m、村は丘の中腹にあります



a9.jpg



鉄道駅は標高1435mで村のかなり下の方にあるので駅から村へはバスを利用されるとよいのですが、本数が一日に15本程度しかないので注意が必要です



a10.jpg



広い放牧地にいきなりポツンとあるこの村は村全体が出すのこ雰囲気を、是非一度訪れてそのこ空気を胸いっぱいに吸い込んで味わってほしい場所の一つです




a11.jpg



アイロス・カリジェの世界はここにあったんだと深く感動したグアルダでした



皆様の一日一回のプチッ、ポチッが私を元気にしてくれますっメルスィー、ありがとうございます!

海外生活ブログ スイス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
[グッド(上向き矢印)]


nice!(19)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

グエル公園 [スペイン]

ガウディのスポンサーだったグエルは、町を見下ろす山の手に宅地を造成して住宅街を作ろうとしていました
それがこのグエル公園です



a1.jpg



入り口近くの大階段は人であふれていました



管理小屋と



a2.jpg



守衛小屋、この二つの小屋は「ヘンゼルとグレーテル」のお菓子の家をイメージして作られたそうで、なるほど窓枠などに色とりどりではめ込まれたタイルがキャンディの様で美味しそうです



a3.jpg



又、グエルとガウディはギリシャの文化の影響を受けておりこの公園では地中海沿岸地域におけるギリシャの植民地がイメージされてつくられたそう



a4.jpg




a5.jpg



こんな風にポーズをとる次女でしたが、実はとっても暑い日でした



a6.jpg



グエル公園のモデルハウスとしてガウディの協力者が設計した家があり、しかしなかなか買い手がつかなかったのでガウディ自らが買い取り病気の父と姪と一緒に移り住んだ家がガウディ家の博物館として公開されています




a7.jpg



椅子好きな私はつい椅子に目が行ってしまうのですが、ガウディの椅子



a8.jpg



ガウディが使用していたベッドは小さかったです



a9.jpg



洗面所は女性的なデザインで素敵でした



a10.jpg



玄関先もゆったりしたスペースがありそこに腰かけて設計や建築など物思いにふけるガウディの顔が浮かぶようでした



a11.jpg



あまりに暑いので



a13.jpg


コーラ味のアイスを一本!



a14.jpg


見事なモザイクタイルを見ながらガウディの世界に浸ることが出来た夕方でした




a12.jpg



バルセロナでお勧めな場所です!




皆様の一日一回のプチッ、ポチッが私を元気にしてくれますっメルスィー、ありがとうございます!

海外生活ブログ スイス情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
[グッド(上向き矢印)]


nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。